業界未経験者も積極採用中!大手M&A仲介会社の求人情報を紹介

「M&A仲介会社の求人情報が知りたい」
「大手の国内独立系のM&A仲介会社の求人はある?」

少子高齢化による事業承継ニーズの高まり、国内マーケットの成長鈍化、企業の国外展開などを背景に日本では今後もM&A市場の活況は続く見込みです。

そんな中、常に人材不足であるM&A業界では、規模を問わず様々なM&A仲介会社から求人情報が数多く出ています

そこでここでは、独立系国内大手M&A仲介会社を中心に現在出ている求人情報と未経験者のM&A仲介会社へのチャレンジについて解説します。

M&Aアドバイザー・M&Aコンサルタントとしてより大きな舞台で活躍したいという人はぜひご覧ください。

1.大手M&A仲介会社の求人

国内の独立系大手M&A仲介会社の求人を紹介します。

独立系大手M&A仲介会社の求人

  1. 日本M&Aセンター
  2. M&Aキャピタルパートナーズ
  3. ストライクの求人
  4. M&A総合研究所の求人
  5. ユニヴィスグループ

次に1つずつ解説します。

(1)日本M&Aセンターの求人

日本M&Aセンターでは中堅・中小企業~大手・上場企業のM&Aに関して、カバレッジ業務(案件発掘)からディール(調整・交渉)まで一連の業務を担うM&Aコンサルタントを募集しています。

仕事内容【カバレッジ業務(案件発掘)】
<譲渡サイド>
会計事務所/金融機関の開拓及びフォロー・紹介案件相談~アドバイザリー契約締結・バリュエーション・概要書作成
<譲受サイド>
マッチング~ロングリスト作成・ノンネーム提案・秘密保持契約締結
・概要書提案・アドバイザリー契約締結・IP提供
【ディール(調整・交渉)】
トップ面談/企業訪問・条件交渉・基本合意契約締結・デューデリジェンス対応・最終条件交渉・最終契約締結・デリバリー/成約式/ディスクローズ
応募資格【必須条件】
・大卒以上
・営業実務の経験
【歓迎条件】
・法人営業実務の経験
・ソリューション型営業実務の経験
・銀行・証券会社等、金融機関での実務経験
・引受等を含む投資銀行業務の経験
待遇【保険】
健康保険、厚生年金保険、雇用保険、労災保険
【制度】
確定拠出年金制度、社員持株会制度、資格取得支援制度、慶弔金制度
【福利厚生】
総合福利厚生サービス、リゾートホテル会員権、各種専門書籍購入費全額補助

日本M&Aセンターでは他にも『クロスボーダーM&A』を支援する海外事業部のM&Aコンサルタント、会計事務所との関係構築やM&Aの相談体制をサポートする会計事務所コンサルタントも募集しています。

(2)M&Aキャピタルパートナーズの求人

M&Aキャピタルパートナーズでは、譲渡企業・譲受企業の双方をソーシングからクロージングまで全てを1人で行うM&Aアドバイザーを募集しています

仕事内容上場企業・大手企業の成長戦略ニーズや中堅・中小企業の潜在的な事業承継ニーズに対し、アウトバウンド営業による譲渡検討企業のソーシングから譲受企業とのマッチング~エグゼキューション~クロージングまで、M&Aのすべての工程を行う。
応募資格/応募条件■学歴
大学卒業以上■年齢
20代後半~40代前半まで■必要要件

  • 金融業界(銀行・証券・保険等)の営業経験(2年以上)で成績TOP10%程度
  • 会計士/弁護士 資格保有で営業志向のある方
  • 他業界のトップセールス

※それぞれ有資格者のみ対象
※上記に加え、クライアントや社内とのコミュニケーションが円滑に取れることが必須

休日・休暇休日・休暇完全週休2日制(休日は土日祝)
完全週休2日制(休日は土日祝)
年間有給休暇10日~20日(下限日数は、入社半年経過後の付与日数となります)
年間休日日数124日
年末年始休暇(12/29~1/3)、夏季休暇(8/13~8/15)、慶弔休暇、産休育休、半日有給休暇取得可

他にも、買手企業に成長戦略をお伺いしてM&A戦略の価値を伝えるM&A買収戦略アドバイザーや、公認会計士や税理士などの有資格者の求人もあります。

(3)ストライクの求人

ストライクでは後継者不足の中小企業向け事業承継としてのM&A支援を一気通貫で行うM&Aアドバイザーを通年で募しています。

仕事内容M&Aの成約まで譲渡先及び買収先双方のフォローを担当

  • M&Aの対象企業の探索・提案・条件交渉
  • 企業評価の実施、対象企業の分析
  • 買収監査・デューデリジェンスのサポート など
応募資格/応募条件【学歴】
大学卒業以上
※M&A業務未経験者歓迎
【歓迎な経験・スキル】
・新規法人営業経験
・金融業界・コンサルティング業界での提案営業経験
・財務会計に関する基礎知識
待遇/福利厚生社会保険完備(雇用、労災、健康、厚生年金)・交通費全額支給・育児短時間勤務(実績あり)・介護時短時間勤務・結婚お祝い金・出産お祝い金・社内表彰・通信教育・研修プログラム・資格取得支援プログラム など

上記の職種の他にも、スタートアップ企業M&Aアドバイザーや専門職(弁護士・公認会計士/税理士・司法書士)の求人もあります。

(4)M&A総合研究所の求人

M&A総合研究所では、企業情報部はマッチング以外のすべての業務を行う企業情報部 M&Aアドバイザーを募集しています。

仕事内容・M&Aの対象企業の発掘・提案・条件交渉
・対象企業の企業評価・分析・考察
・デューデリジェンスのサポート、案件のエグゼキューションなど
応募資格/応募条件【学歴】
大学院 大学
【必須な経験・スキル】
営業経験をお持ちの方
【歓迎な経験・スキル】
・代表者/オーナー向けの営業経験者
・M&Aの仲介営業経験
・銀行/証券会社等の金融機関での営業経験
・新規開拓の営業経験
・コンサルティングファームでの就業経験
給与・待遇【年収】
経験者 前職考慮+上限の無いインセンティブ
【勤務時間】
9:00〜18:00(休憩1時間)
※ 時差出勤制度あり
【休日・休暇】
完全週休2日制(土・日)・祝日・年末年始休暇・有給休暇・慶弔休暇・夏季休暇(3日間)
【待遇・福利厚生】
社会保険完備(雇用、労災、健康、厚生年金)・交通費全額支給

M&A総合研究所では、買い手企業の担当としてM&Aにおけるマッチングのフェーズを行う法人部M&Aアドバイザーの募集も行っています。

(5)ユニヴィスグループ

ユニヴィスグループは「M&A」「コンサルティング」「事業投資」3つのサービスを一体として少数精鋭で活動しています。

仕事内容M&A関連のコンサルティングでは、バリュエーション、デューデリジェンス、PMIといった工程を一気通貫でサポートできる。
応募資格・応募条件【学歴】
大卒以上
【必須な経験・スキル】
・原則社会人経験3年以上(マネージャー)社会人経験2年以上(アナリスト)
・日本語での業務遂行可能
・コンサルティング業務、M&A業務への興味・関心(未経験可)
・一緒に会社を創っていくことに対する興味・関心
【歓迎な経験・スキル】
・事業会社の企画部門や金融機関・ファンドにおけるM&A関連の経験
・コンサルティングファームにおける実務経験
・実務におけるデータ分析、リサーチの経験
・Excel、PPT、Wordの実務における使用経験
給与・待遇【勤務時間】
10:00~19:00(休憩1時間)※クライアントの状況により、9:00〜18:00など業務時間が変動する場合がある。
【休日・休暇】
土曜、日曜、祝日、年末年始、有給休暇、慶弔休暇

【待遇・福利厚生】
社会保険完備、通勤交通費、社会保険完備、通勤交通費、昇給有 賞与年2回

上記の職種以外にも、会計コンサル、事業投資、経営コンサルなど様々な職種の募集も行っております。

営業力に自信のある方や、M&Aの業務に興味のある方は公式採用サイトよりエントリーしてみてはいかがでしょうか。

2.M&A仲介会社とは

M&A仲介会社とはいったいどんな業務を行う会社なのか、またどれくらいの年収を得られるのか興味をお持ちの方のために、M&A仲介会社について解説していきます。

M&A仲介会社とは

  1. M&A仲介会社とは?M&A仲介会社の業務内容
  2. M&A仲介会社の年収相場

次に1つずつみていきましょう。

(1)M&A仲介会社とは?M&A仲介会社の業務内容

M&A仲介会社とは、売り手会社と買い手会社の間に立ち、双方に対して中立的な立場で交渉を行い、M&Aを成約に導くためのサポートを行う会社です。

具体的には、M&Aにおける譲渡案件のソーシング、経営者との商談、アドバイザリー契約の獲得、買い手企業のマッチング、エグゼキューション、クロージングまでを行います。

M&A仲介会社の主な業務

1.売却や譲渡の希望案件を収集する(電話・WEB・グループからの情報など)
2.売却(譲渡)側企業と専任アドバイザリー契約を結ぶ
3.M&A需要について市場調査する
4.売却(譲渡)側企業と買収(譲受)側企業のマッチング
5.企業概要書の提供、基本合意書の締結、デューデリジェンスの実施・立ち合いなど、M&A成約までサポートを行う

一人のM&Aアドバイザー・M&AコンサルタントがM&Aの最初から最後まで一気通貫で行う一気通貫型M&A仲介会社と、業務効率化を重視しフェーズごとに担当する分業型M&A仲介会社があります。

M&Aアドバイザー・M&Aコンサルタントとしてジェネラリストを目指すなら一気通貫型M&A仲介会社が、スペシャリストを目指すなら分業型M&A仲介会社を選びましょう。

(2)M&A仲介会社の年収相場

M&A業界は”日本で最も年収の高い業界”といわれ、転職を考える人たちからも人気の高い業界です。

M&A仲介会社の規模や成約報酬、担当コンサルタントへの還元率によって異なりますが、M&A仲介大手3社の平均年収は平均1,400万円を超えており、上場されていないM&A関連企業においても平均800~1,000万円以上と比較的高年収です。

多くのM&A仲介会社では基本給+報酬+インセンティブの給与体系を採用しているため、成果次第では上記の平均を大きく超える報酬を受け取ることも可能です。

また、M&Aのサポートの対価として報酬を得るというM&A仲介会社ビジネスモデルから、大企業の大規模なM&A案件を取り扱うことが多い大手M&A仲介会社のほうが、中小企業の中小規模のM&Aを取り扱うことが多いM&A仲介会社よりも年収が高くなる傾向があります。

大きなM&A案件に携わりたい、高年収を得たいという人は、大企業をクライアントとする大手M&A仲介会社への転職に挑戦しましょう。

3.M&A仲介業界への転職は未経験でも可能か

M&A仲介業界への転職は未経験でも可能です。

もともとM&A仲介業界は未経験採用に積極的な業界であり、会計やエグゼキューション(M&Aの実行)のスキルに関しては入社してからでも十分身に付けられるためM&A未経験であることはそれほど大きな弱点にはなりません

それよりも、企業の経営者にとって最大の決断となるM&AをサポートするM&Aコンサルタントには、以下のスキルがある人材が求められている

M&Aコンサルタントに求められるスキル

  • 企業の経営者への提案力と交渉力
  • 会計・税務・法務など関連知識を広く学び取得できる地頭と意欲
  • ステークホルダーをまとめるリーダーシップと調整力とマルチタスク能力

実際、M&A仲介会社のトップや人事担当者は「中堅・中小企業のオーナー経営者を心から尊敬し、役に立ちたいという気持ちがある方を採用したい」と考えており、未経験のポテンシャル採用を積極的に行っているところも多いです。

また、以前は銀行・証券会社・保険会社・商社の営業担当や営業に強みを持つ事業会社出身者といった金融機関からの転職が多かったM&A業界ですが、最近はクライアント企業の事業内容や属する業界の特徴・強み弱みを理解した現場理解度の高いコンサルタントによるコンサルティングが求められているため、様々な業界経験者の採用ニーズが高まっています

その際、営業経験2年以上(上位営業成績)や新規営業の経験(法人営業)、経営者などの最高意思決定者との商談・折衝の経験を持つ人材は面接チャンスが得られる可能性が高いです。

また、未経験者であっても会計・税務・経営の資格を持っている人材も高評価を得られます。

高評価の資格

  • 公認会計士(科目合格含む)
  • USCPA米国公認会計士(科目合格含む)
  • 税理士
  • 中小企業診断士

未経験者にも十分チャンスがある業界なのでぜひ興味や関心のある方は挑戦しましょう

まとめ

オーナーの高齢化による事業承継問題を抱える中小企業の増加やコロナ禍により、日本では今後もM&Aを選択する企業が増えることが予想され、M&A仲介業界もまだまだ成長が見込まれる市場とみられています。

案件増加の一方で慢性的に人手不足となっているため、独立系大手M&A仲介会社以外のM&A仲介会社でも即戦力となる中途採用に積極的です。

M&Aアドバイザー・M&Aコンサルタントは、M&A業務を通じて企業の存続と発展に貢献できるだけでなく、成果次第では他の業界では得られない高年収を得られる魅力的な仕事です。

そんなM&Aアドバイザー・M&Aコンサルタントを目指すならM&A仲介会社の採用意欲が軒並み高くなっている今が狙い目です。

ぜひ各M&A仲介会社の採用情報・採用条件を吟味し、自分が活躍できる求人に応募してチャレンジしましょう。

M&A業界への転職なら

「今の仕事より100万円以上年収をアップしたい。」
「将来の独立を見据えてより経営者に近い仕事をしてみたい。」

そんなあなたには、M&A業界に特化した転職エージェント『ユニキャリア』がおすすめです!

ユニキャリアでは、M&AコンサルタントやM&Aアドバイザリー、M&A仲介など、多数の非公開求人をご紹介可能です。

専任アドバイザーによるサポートが充実しており、年収300万円以上アップした事例も多数あります。

まずは一度、無料面談へお申込みください!

関連記事